今年も1年で1番ネット回線が盛り上がるシーズンが到来!

3月4月は学生や社会人の新生活シーズンです。

引っ越しになると今まで使っていたものを見直したり、やめたりといろんな機会に恵まれます。

ネット回線も御多分に漏れず見直しや新規申し込みが増えるので、各会社で競い合うようにキャンペーンや特典を手厚くします。

1年で1番お得なシーズンといっても過言ではありません。

WiMAXに代表されるモバイルルーターも特典のキャッシュバックが普段より5,000円から10,000円ほど増額されていたり、月額料金が割引されていたりします。

固定回線はモバイルルーターよりもさらに競争が激しいです。特典のキャッシュバックの10,000円以上上乗せは当たり前で、さらにTポイントやAmazonギフト券を数万円分をばらまいていたりします。

契約中のネット回線がある人は解約料金との兼ね合いで中々簡単に乗り換えることはできないかもしれませんが、キャンペーンには乗り換え費用や解約料金10万円まで負担といったものもあるので、粘り強く探せば必ず今よりお得になる、料金が安いサービスが見つかります。

どこを探していいか分からない人はまずはプロバイダ乗り換えからはじめてみるのをおすすめします。

工事不要で料金が安くなったりポイントやキャッシュバックがもらえます。

最近はコラボ光も登場して既存のフレッツ光ユーザーでもお得になるケースが増えてきています。どうせ、フレッツだから……と思う前にまずはチェックしてみるのをおすすめします!1

WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーン

Wi-Fi WALKER WiMAX2+HWD14のキャンペーンが、WiMAXのMVNO回線を提供している各社で行われています。

例えば@niftyでは新規でWiMAX 2+サービスに申し込みをすると、端末(HWD14)代金は1円でさらに14,000円のキャッシュバックがあります。

現在のところWiMAX 2+は利用登録月とその後2年間(利用登録月の翌月~24カ月目の月末まで)、データ通信量の制限は無いのでお得な回線となっています。
携帯電話会社各社では速度制限の基準が厳しくなってきているので、スマートフォンで契約しているLTE回線のバックアップとしてWiMAX 2+を準備しておいてもいいかもしれません。

直近3日間のデータ通信量の合計による帯域制限についても、2015年4月以降混雑状況に応じて制限がかかる可能性もありますが今のところ速度が遅くなることはありません。

今後LTE回線の速度はさらに上がるかもしれませんが、同時に回線の混雑状況もひどくなり制限が厳しくなる可能性もあります。トラフィックを分散させるためにも、複数回線を用意しておいた方がスムーズにデータ通信を行うことができると思います。

また、WiMAX 2+サービスを利用してau スマートバリューmineを適用させることも可能です。auスマートフォンを使用している方の場合、auの料金が最大24カ月間934円(税抜)/月の割り引きがされるので、auの回線とWiMAX 2+の2つの回線を持ってデータ通信の分散を検討してみてもいいかもしれません。

また、@niftyのキャンペーンではキャッシュバックではなくNexus7 とのセットも可能なので、制限無くタブレットを利用したい方にもお得なキャンペーンとなっています。

WiMAX2のキャンペーンを比較するときはこういったことに注目しましょう。

回線速度向上や料金低下のためにプロバイダーを乗り換える

プロバイダーとはインターネットに接続するためのサービスを提供する事業者です。つまり、契約した回線業者からプロバイダーを通してインターネットに繋がる訳です。

どんなに高速の光回線を契約しても間に入るプロバイダー会社によっては回線速度が遅くなります。なので、高速で快適な回線速度を保ちたい場合にはプロバイダー選びやプロバイダーの乗り換えが重要になるのです。

現在契約している回線業者(フレッツ光やauひかりなど)はそのままにプロバイダー(OCNや@niftyなど)のみを乗り換えることが可能です。それにより、回線速度の向上やプロバイダー料金の低下が望めます。

また、現在光回線を契約している方がプロバイダーを乗り換える際には、面倒な工事なども必要ないため、事務処理だけで乗り換えることができます。

何を重視するかにより、契約するプロバイダーは変わっていきます。

料金を重視する場合には乗り換えキャンペーンに注目しましょう。乗り換えることによるキャッシュバックキャンペーンや利用料低下のキャンペーンと、キャンペーン終了後に必要となる月額を比較して、プロバイダーを乗り換えると良いでしょう。

何度もプロバイダーを乗り換えてキャンペーンを複数利用しようとした場合には、契約したプロバイダーが設定した利用期間より短く解約してしまうと、違約金が発生する場合があるので注意しましょう。

回線速度を重視する場合では、契約している回線や住んでいる地域により、良いプロバイダーが違ってきます。インターネットの地域ごとのプロバイダー検索サービスなどを利用すると良いでしょう。

フレッツ光で安く自宅サーバを実現

私は光回線を電力系の会社で長年利用して来ましたが、自宅サーバの魅力を感じ回線とプロバイダーの両方を変更しました。
回線はフレッツ光にし、プロバイダーはインターリンクを選択しました。

インターリンクの良さはなんと言っても固定グローバルIPを取得できる事ですが、数が1個ではなく8個や16個と言った複数の固定IPアドレスを格安で契約できる事です。
プロバイダーを自由に選択できるフレッツ光とインターリンクの固定IPアドレスを組み合わせれば完全なサーバ構築の環境が実現できます。

固定IP1個であれば結局の所自分のドメインのグループに属する事が出来ませんが、複数あれば自分専用のドメインに属する事ができます。
フレッツ光は回線品質も高く1Gbpsのプランであれば上りも下りも100Mbpsを越える実測値が出るので常に快適な通信ができるのですが、1台や2台のパソコンを同時に使用しても十分余るくらいの回線速度があります。
自分でサーバを立てる事で通常レンタルサーバでは月額数万円クラスの専用サーバを同等の使い勝手をプロバイダと回線使用料を合わせて1万円程度で利用できます。

サーバ本体も固定アドレスを持っているので世界中の何処からでもアクセスできる環境の為、ホームページを置いたり自作プログラムの実験場所として使用したり、友達や仲間と大容量のデータの受け渡し場所としても使えます。
これらはレンタルサーバと比べるとかなり割安で使えるのでフルでインターネットを楽しみたい方には同じ光回線でも、フレッツ光とインターリンクの組み合わせは最高の環境です。
ヘビーにインターネットを使いたい方は乗り換えて損はありません。

モバイルWIFIルーターを探すきっかけ

モバイルWIFIルーターを探そうと思ったきっかけは、NEXUS7の3Gタイプを使ってデータ通信をしたかったのですが、なんとFOMA+エリアに非対応だったことが判明したからです。
FOMA+エリアとは私のよく行く山間部に多い帯域ということで、山や森を歩き回るが好きな私にとっては、かなり致命的なことでした。

お気に入りの場所でのネット接続が出来なくなってしまう可能性が高いからです。
要するに私にとってNEXUS7の3Gタイプは使えない端末という事になったわけです。
危うくもう少しで購入してしまうところでしたが、たまたまふと目にした情報のおかげで、無駄金をはたかずに済みました。

タブレット端末本体では非対応で繋がりませんが、私の使いたかったSIMフリータイプのモバイルWIFIルーターの中にしっかりFOMA+に対応している機種がありましたので、それを使ってタブレットにWIFI接続してみようと思っています。
参考に使用レビュー等も既に読んでいますが、この価格帯のなかでは唯一無比のものだとか、思ったよりスピードがでるといったレビューを読みながら気分をよくしてる私です。
欠点はバッテリーの持ちが悪いだけみたいなので、補助バッテリーを持てば解決するとのことですが、気になるのは充電しながらの使用に耐えうるかという点です。

充電しながら使用すると、本体の温度上昇により、バッテリーが劣化しやすいなどよく耳にしますので、その覚悟で使えるかどうかですね。
出来れば余裕で6時間くらい稼動するものを選びたいのが本根ではあります。

Wimaxルータについて

現在、私はWimaxのモバイルルータを使ってインターネットに接続しています。
Wimaxは月々3880円で、速度制限がなく、容量をいくら使っても速度が落ちることはありません。

電波の特性上、室内や地下などは通信がしにくいこともありますが、
我が家では快適に使用することができます。

なので、固定回線を解約し、Wimaxのモバイルルータを用いて、家の中でのすべての無線LAN機器に接続して使用しています。
Wimaxのモバイルルータをクレードルにつないで、
そこからLANケーブルを通して、無線LANのルータに接続していますので、上記のような運用が可能となります。
外出する際も、ノートパソコン、タブレット端末を用いるときには、一緒にWimaxのモバイルルータを携帯して、ネット接続をこころみています。

いまのところ速度、データ通信量などには問題はありませんが、
モバイルルータの電池の容量が若干心もとないかなと感じます。
5時間くらい使いっぱなしにすると、充電がなくなってしまうこともしばしばあります。

その際は、モバイルバッテリーを携帯しているので、それからUSBケーブルを通して充電しています。
Wi-fiを使用していない時は、もう少し電池の使用料が抑えられるといいかなと思います。
契約は1年毎の更新で、更新月に解約、機種変更をすれば手数料はとられませんが、その他の期間に解約すると、別途解約手数料が発生するので注意しています。
ただ、現状に満足しているので、今回の更新月は解約しないでそのまま継続しようかと考えています。

モバイルWIFIの使用について

モバイWIFIにしたきっかけは通信費の節約とお出かけの際にもよく使うので持ち運びができるものが都合よかったからです。

モバイルWIFIにするまでの通信費はスマートフォンのデーター通信し放題で+約4000、通信のCATV代が+約6000円でスマートフォン代が約3000円(本体代は終わっている。)トータル約13000円だったのWIFIに変えてからはそのスマートフォン代とWIFI代の約4000円でトータル7000円になり大幅に抑えることが出来ました。

今使っているWIFIはソフトバンクのものです。肝心の通信機能ですが、やはり安定はしていません。家でパソコンにつなげて使う分にはまだ大丈夫ですが、持ち歩く時、ソフトバンクの回線を使うためかつながらない時が時どきあります。特に埋立地方面に行くときやバスでの走行中はだめです。それができるようになればもっといいですが。

後、制限もかかっているせいか、一日中ネットしたり、その中に動画の観覧なんてあれば次の日は全くつながらなくなります。初め、そんなこと知らないでショップに相談しに行ったらこのようなことを言われてました。
制限のタイプが2つあって一か月で7Gこえると制限がかかってしまうタイプと3日間で1Gだったか、それを超えると3日間すぎないと通信できなくなるタイプとあるようなことです。

私は主にぴぐというので利用しているし、その時みてもらった使用量も越えてませんでしたが、遅くなったり、つながらなくなったりしていたのでその理由はよくわかってませんが、通信費を抑えたいし、外でもできるようにしたい人にはおすすめです。これにしてから1年を過ぎましたが、いまはアンテナがよくなったのかな?つながらない現象は改善されました。